BLOG

冬に大的!乾燥に打ち勝つスキンケア方法とは❓

女性が顔をさわっている画像

皆さん、こんにちは!
パーソナルジムQUALITAS エステティシャン兼管理栄養士の野澤です^^
寒くなってくると、肌の乾燥が気になってきた!
という方も多いのではないでしょうか?

私自身もお風呂上がりや朝起きたときに肌がカサカサしてきて、痒くなったりすることもしばしば…
今回はそんな乾燥から肌を守るスキンケア 方法についてお伝えしていきますね。


◯やはり冬は乾燥しやすい季節なの?
冬は空気が乾燥している日が多い季節です
空気が乾燥していると、肌のバリア機能を保つためのセラミドや天然保湿因子が減少し、乾燥を招いてしまいます。
そのため乾燥肌の方は冬になると、肌のつっぱり感を感じやすく肌トラブルが多くなりがちです。
また寒いと暖房をつけると思いますが、エアコンをつけることにより、空気中の水分が奪われるため乾燥しやすくなります。
暖房と冷房のいずれも空気中の水分を奪うため、エアコンを使用している以上は夏でも乾燥に注意が必要でしょう。


◯冬の洗顔の落とし穴もある?
冬の場合、熱すぎるお湯で洗ったりすると、肌のバリア機能が低下して乾燥を招きます。
肌をこすると、肌の水分を保つ天然保湿因子やセラミドなどの成分が失われます。
同時に熱すぎるお湯で洗うと、外部刺激から肌を守ったり水分の蒸発を防いだりする皮脂膜も流れてしまうのです。


◯セラミド不足も乾燥の原因に…
セラミドは「角層」を構成する角質細胞のすき間を満たし、水分を保っている成分のことを言います。
セラミドが失われると、角質細胞どうしにすき間が生まれて水分を保てなくなり肌が乾燥します。
間違った洗顔や空気の乾燥などが原因でセラミドが減少すると、化粧水で水分を補給しても肌のうるおいが戻りにくくなります。
そのためセラミドが含まれた保湿化粧品によるケアが必要です。


◯多忙による肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーとは、肌の奥深くで生まれた肌細胞が肌の表面へと押し上げられ、古い肌細胞と置き換わる現象です。
新しい肌細胞に置き換わることで、バリア機能が整った肌を維持できます。
しかし、加齢や間違った洗顔、空気の乾燥、ストレス、栄養不足などの原因でターンオーバーのサイクルが乱れると、肌のバリア機能を保てなくなります。
加えて年末は仕事が忙しかったり、生活のリズムが崩れやすいとき。
睡眠不足やストレスもターンオーバーのサイクルを見出す原因になります。
食生活の乱れなどに心あたりがある方は、肌をチェックしてみましょう。

【乾燥を感じたら、スキンケア を見直しましょう!】

ひどい乾燥肌のときに普段どおりのスキンケアをすると、肌に刺激がおよぶ可能性があります。
皮むけやつっぱり感など、ひどい乾燥肌のときにスキンケアで気をつけたいことを詳しくご紹介します。


◯肌に刺激を与えないようにする
ひどい乾燥肌はバリア機能が低下しているため、刺激を与えないように注意が必要です!
もし肌を強く刺激してしまうと、湿疹や赤み、かゆみなどのトラブルがおこってしまいます。
乾燥が気になるからといって顔を頻回に触ったり、引っかいたりしないよう注意しましょう。


◯洗顔を見直す
「間違った洗顔」が原因で、乾燥肌がひどくなった可能性があります。
洗顔を見直せば、肌に刺激を与えずに汚れを洗い流すことができます。
基本の洗顔方法は次のとおりです。
(1)洗顔料を手にとり、片手を受け皿にして、もう片方の手で泡立てます。泡立てネットを使うと、キメの細かい弾力のある肌を作れます。
(2)手と肌の間に泡をはさみ込み、手のひらで大きく円を描くように洗います。
(3)ぬるま湯で泡を丁寧に洗い流します。前髪の生え際やフェイスライン、目頭に泡が残りやすいのでよくすすいでください。
(ニキビの原因にもなるので注意です!)
洗顔後は、やわらかいタオルで水滴を優しく取り除きましょう。


◯スキンケアの保湿を徹底する
洗顔後は、肌のキメが乱れて皮脂膜も洗い流されているため、化粧水や乳液などによる保湿ケアが必要です。
保湿ケアで肌の水分と油分のバランスを整えて、バリア機能を高めましょう。
保湿ケアの順番は、「化粧水」→「美容液」→「乳液」→「クリーム」の順です。
最初に化粧水で水分を補給してから、肌の悩みに適した美容液を塗ります。セラミドやヒアルロン酸などが豊富に含まれた美容液を選びましょう。
続いて乳液で水分と油分の両方を補給します。
ただし乳液だけではひどく乾燥しているところの油分を補いきれないため、クリームを重ねる必要があります。


◯刺激のつよい成分配合のスキンケアを使用しない
ひどく乾燥しているところは、他の部位よりも刺激を受けやすいため、低刺激の保湿化粧品を取り入れてみましょう。
パッケージに「低刺激」の文字があっても、肌にあうかどうかは実際に使わなければわかりません。
肌への刺激がつよいかどうか、テスターで確認してみてくださいね!

ひどい乾燥肌のときは、普段のスキンケアとは別の対策が必要です。
普段のスキンケアに加えて、次のように対策しましょう。


◯保湿ケアにクリームを付け足す
化粧水、美容液、乳液による保湿ケアに、クリームを付け足しましょう。
クリームには、油分が豊富に含まれています。
乳液だけで補いきれない油分をクリームで補うことで、肌のうるおいを保ちやすくなります。
クリームは、すり込むのではなく優しく丁寧に塗ることがポイントです。
すり込むと肌を摩擦して乾燥が悪化する恐れがあります。


◯洗顔は時間をかけすぎない
丁寧に洗うほどにうるおいを取り戻せると思い込み、普段よりも長く洗顔してしまう方がいます。
泡がついている時間が長いほどに肌の水分と油分が奪われるため、洗顔に時間をかけすぎないことが大切です。
泡を顔全体に行き渡ったら、すぐに洗い流しましょう。


◯室内の湿度を60%に保つ
湿度が50%以下になると、肌の水分が減少して乾燥しがちになります。
湿度は空気の入れ替えや人の出入りで変動するため、60%に保つことを意識しましょう。
湿度を60%に保つことで、部屋が多少乾燥しても50%はなかなか下回りません。

いかがでしたでしょうか?
ぜひスキンケア を見直して、乾燥に負けない肌作りをしていきましょう!

この記事の監修者】 
QUALITASエステティシャン 野澤祥

【保有資格】
 管理栄養士

【経歴】
学生時代、国家資格である管理栄養士、栄養教諭の資格を取得。都内のヘルスケアIT企業に就職後、食事指導のできるエステティシャンとして年間800人以上を担当し、5店舗を束ねる責任者となるが、「一層お客様に寄り添ったエステをしたい」という想いから独立し、QUALITASに参画する。

【神楽坂・飯田橋・南青山・表参道のパーソナルジムQUALITAS】

神楽坂・飯田橋・南青山・表参道エリアのパーソナルジムQUALITASは、「2ヶ月で人は変われる」をCONCEPTに、店舗では「パーソナルトレーニング」 「痩身エステ(ハイパーナイフ)」 を組み合わせた独自のサービスを、店舗の外では「低脂質宅配食」と「オンライン食事指導」を組み合わせたサービスでお客様のボディメイクを徹底サポートいたします。

トレーニングと痩身エステ(ハイパーナイフ)を組み合わせることによって、運動や生活での脂肪燃焼効果を最大限高め、業界初の部分痩せを実現することで、より多くのお客様のお悩みを解決します。

また、食事のサポートでは従来のオンライン食事指導に加え、実際にボディメイクに最適な食事をお客様に提供することで、理想の食事バランスを実際に体感していただけます。

QUALITASでは体験レッスンを随時受付しております。
ご希望の方は、下のボタンをクリックしてください!

店舗詳細

パーソナルジムQUALITAS神楽坂店

営業時間 7:00~22:00(最終受付20:30)
定休日  年末年始

電話番号 03-5946-8365
住所   東京都新宿区区矢来町80-14
Kaguras1F

東京メトロ東西線「神楽坂駅」より徒歩5分
都営大江戸線「牛込神楽坂駅」より徒歩4分

パーソナルジムQUALITAS南青山店

営業時間 7:00~22:00(最終受付20:30)
定休日  年末年始

電話番号 03-5946-8365
住所   東京都港区南青山2-27-11 Hilltop 青山2F

東京メトロ銀座線「外苑前駅」より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「表参道駅」より徒歩7分
都営大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩9分

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ