【実録】腰痛と脚の関係

こんにちは。エステティシャン髙橋です♪(´ε`)

みなさんは脚のケアって何かしてますか?👯👯

私はつい半年前までしておりませんでした!!!
なんでかというと、個人的な体感で、それほど重要視してなかったからです😂
 
 
筋肉パンパンとかむくみも大して気にしていませんでしたw
他の部位に比べて、そこまで太いと思ったこともなかったので
 
 
疲れて、痛くても、脚(足裏、ふくらはぎ)なんて、
お風呂はいって寝てれば、なんとか治るとそういう生き方をしていたからです😪💤

それが変わったきっかけが

 
腰痛悪化による激痛で歩行困難になったことでした😨😨😨
 
 
この時の腰痛は、腰がちょっと痛いレベルではなく、
涙がでるくらい激痛で死にたくなるような痛みでした。

部位的には右腰です。
 
骨盤が開いて骨が神経に当たっているような感覚で、
寝返りも仰向けで寝ることもできなかったです。

 

寝る時は大体左向き

それでも、痛い時の方が多かった。

ようやく眠れても朝起きるのが辛い。

捻っても、前かがみになってもビキっとくる。
お腹に力も入らないので顔洗うときも一苦労。
脚が棒みたいな感じで、引きずるような歩き方をしていました。
電車の中で立ってる時脈打ってるのわかるし何しても痛い。体重もかけられない。
かけた瞬間、右脚の腰から膝まで神経がビビビッて痛みが走ります。
 
 
ご年配の方の気持ちがこの歳にしてわかってしまいました…😭 😭 😭 😭 😭
 

元々、自分の骨盤が開いているのがずっと気になっていて、

それが疲れによってさらにずれ、腰痛が起こっていると考察していました。
 
そう思ったのも、骨盤ベルトをすると本当に楽になるんですよね。
 
なので、整体に行ったりして骨盤をなんとかしてくださいとお願いしていました。
 
 
まあ、一時的によくなります。
でもまた腰は痛くなるの繰り返し。
 
 
もうこれは仕事を休んで療養しなければ……と思い始めていました😵
 
 
そんなときに
私の師匠にあたる松尾さんに体のメンテナンスをしてもらいました。

 
松尾さんは、他にはない特殊な技術を持っていて
痛くない矯正をしてくれます✨

内臓の位置を調整してもらったり、肩こりもなおしてもらっていました😃

 

腰の相談をしたところ、真っ先に


「足の指浮いてるよ。アーチないし、
変にマメできてるし、このボールでこうやってケアしな」


と教えられました。

 
 

え!腰痛いんだけど、なんで足?と思いながら、とりあえず話を聞いていました。
 
そのときの脚の状態は、地面に足裏がぺたりと付いているわけではなく
親指側(内側)が浮いていて小指側(外側)に体重がのっていました。
O脚がひどくなったようなイメージですね。
 
(昔はそんな脚じゃなかった)
 
足裏じゃなくて腰痛いっていってるじゃん〜こんなので治らないよって笑
ボールケアしませんでした笑
師匠なのに信用しないとは笑
 
その後いう通りにしなかったのでやっぱり治らず
 
また一時的なケアの繰り返し
 
そうこうしているうちに、松尾さんのところで行われる勉強会になり
改めて正しい知識と技術を習ったことにより、あ、足裏って大事なんだと色々と繋がりました。
 
師匠を信じなかったばかりに…痛い思いと無駄な出費の期間が…(つД`)ノ
 


そうなったらとにかくケア!!!!
 
ほんっっとうに!!
足裏痛すぎてやるのも億劫でしたが

痛いってことは筋肉がかたまり血流が悪くなっているということ
痛くない状態にしていかないといけないってことですよ😂
うおっ
はわー
あああああ

といいながら自分でぐりぐりケア
 
ケアしだしたら割とすぐ、腰痛がなくなったと思います。
 
今は寝返りもごろごろ打てますし、痛みを感じずに普通に歩けます。

不思議ですね。

 
体は全て繋がっているんです。
 

痛みって結果であって

その痛みの原因となることは他にあるんですよね。
 

それが私は足裏だったということです。

 


 
【私の当時のおおまかな関連データ】
・エステティシャンとしてかなり忙しい毎日
・担当は強めの施術が好きな方が多く、体重をのせて踏ん張ってやることが多かった。
・毎日ヒールを履いていた。

・寝不足によるケア不足
など
 
 
次回、足裏のケアの仕方を大公開💓
お楽しみに👯✨
 


東京メトロ東西線「神楽坂駅」徒歩4分に位置するQUALITAS(クオリタス)は、
「悩みのない『あなた史上』最高のカラダへ」
をCONCEPTに、
「トレーニング」×「エステ」×「食事指導」を組み合わせた、
まったく新しいスタイルのパーソナルトレーニングジムです。
 
もしご興味があればお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧