BLOG

意外とできていない?深呼吸のコツ@外苑前・南青山

みなさん、こんにちは!
南青山エリア、表参道、外苑前のパーソナルジムQUALITASの古関です。
みなさんは忙しく仕事や家事に追われている中で、休息を取れないほど余裕がなくなってしまうことはありませんか?
その中で忘れがちになるのが呼吸です☝️
呼吸は誰しもが当たり前にできていると思われがちですが
悪い姿勢が癖づいていることやストレスが原因で通常の正しい呼吸よりも浅い呼吸になってしまっていることが度々あります。
昨今のコロナ禍でマスク生活が強いられ、息苦しさを感じている方も多いのではないでしょうか😷
今回はなかなか着目する機会のない呼吸について、今一度見直してみましょう。
 


○正しい呼吸法について
正しい呼吸ができている方は約500mlの空気を吸えているのに対し、浅い呼吸になっている方は約250mlしか吸えていません😢
呼吸は酸素を全身に供給する役割を備えているため、呼吸が浅くなると脳や臓器、筋肉などの機能が低下していまいます。
もちろんその影響は全身に渡り、だるさや頭痛、肩や首のコリ、免疫力の低下などにもつながってしまいます。
1分間に20回以上呼吸をしているかたは大分呼吸が浅くなっていると言えるので、1分間に12〜18回くらいを心がけましょう!
 


○すぐにできる!深呼吸トレーニングでリラックス!
日常の呼吸法を見直すのはもちろん、毎日の習慣として深呼吸を入れることも効果的です。
腹式呼吸と呼ばれる、吸う息によってお腹を膨らませて息を吐くのとともにお腹をへこませる呼吸法を実践していきましょう。
この腹式呼吸は自律神経を刺激してくれるため、睡眠前や身体の力が入りっぱなしになっている状態で行うと副交感神経優位のリラックスモードにスイッチできます。
イライラやストレスを抱えやすい方や緊張しやすい方、睡眠の質が低いと感じている方には特にオススメです。
深呼吸を行う際はまず姿勢を整えます。背筋はまっすぐに伸ばし、胸も軽く開きます。
お腹の動きを感じやすくするため、手はお腹の上に置きましょう。
4秒間、しっかりと鼻から息を吸い込み、4秒間息を止めます。8秒間ゆっくりと息を吐きます。
この呼吸法は「4・4・8呼吸法と呼ばれ、1回の呼吸に16秒かかるので普段よりも大分ゆっくりとした呼吸になります。
2〜3回セットで行うことで横隔膜をしっかり動かすことができます。
ポイントはしっかり吸いきることと、しっかり吐き切ること。
秒数を意識しない深呼吸だとこれらができていない場合がほとんどです。
ゆっくり時間をかけて深く呼吸をすること、たくさんの空気を入れ替えることを意識してくださ★
 


○まとめ
深呼吸を日常生活に取り入れることで、普段の呼吸も浅い呼吸から改善できる場合があります。
少し時間があるときは瞑想の時間として、深呼吸を取り入れると頭もスッキリしてリフレッシュできます。
また、ストレッチやヨガをするときなども深呼吸を大切にしていきましょう。
正しい呼吸法を身につければ全身の改善に繋がりますので、積極的に取り入れ健康的な身体を手に入れましょう!✨
 
 
 


【青山・神楽坂】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

 
 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

カテゴリー