BLOG

プロテイン飲むタイミング@外苑前/神楽坂

みなさんこんにちは😃

QUALITASエステティシャンの根本です💆‍♀️

プロテインは筋肉を作る為に1番大切な材料です。

今回は、そんなプロテインを飲むベストタイミングについてご紹介します💡

プロテインは『トレーニング後30分以内の筋肉が傷ついているところで飲んだ方がいい』

なんて聞いたことありませんか?

トレーニング後30分がゴールデンタイムとよく言われますが、それにはちょっとした落とし穴があります。

おすすめは3つ
トレーニング1時間前
トレーニング直後
寝る前

このタイミングをオススメする理由をご説明していきます🌼

最後にトレーニングしない日のプロテインの飲み方についてもご説明します。

プロテインを飲むタイミングには、アミノ酸血中濃度というものが大きく関係しています💡

 


○アミノ酸血中濃度とは
アミノ酸が血液の中にどれくらいあるか、ということを数値で表したものです。

プロテインはアミノ酸20種類が固まったものです。

プロテインのままでは体内で使う事ができないので、身体の中でアミノ酸という物に分解され、血液とともに必要なところに送られます。

筋肉を回復するためにアミノ酸が必要なのに、アミノ酸血中濃度が低いと、元々ある筋肉を分解して必要なところに送ります😢

なので、筋肉を回復させたいタイミングで、アミノ酸血中濃度を高めておく。

これがポイントになります📝


トレーニング1時間前

トレーニングを始めたら筋肉はすでに傷つき始めており、エネルギーを必要とします。

筋トレのような無酸素運動では、体内の糖質からエネルギーを使いやすいのですが、糖質が足りなくなるとアミノ酸も必要とします。

このトレーニング中にアミノ酸血中濃度が低いと、元ある筋肉を分解してアミノ酸を作るので

せっかくきんとれをしているのにせっかく筋トレをしているのに筋肉を減らすことになってしまいます😢

プロテインが消化され、アミノ酸血中濃度が高くなるまで〈1時間〉かかります。

なのでトレーニング1時間前に飲むことで、トレーニングを始めたときにアミノ酸血中濃度を高めておく事ができ

筋肉を分解することなくトレーニングができます🏋️‍

よく言われる、トレーニング後に飲むと、トレーニング後1時間はアミノ酸が足りない状態が続いてしまう、ということなのです😢

 


トレーニング後
トレーニング後では遅いとかいたところですが、トレーニング後は1番筋肉が傷ついていてプロテインが必要なのは事実です。

トレーニング前+トレーニング後にプロテインを飲んでタンパク質が体内に十分足りている状態を作ることが大切です🌼

 


寝る前
夕食から朝食の間は比較的時間が開きやすく、アミノ酸血中濃度も低くなりやすいので、このタイミングもオススメです🌱

寝ている間は体を休める事ができるので、筋肉を回復させる最適なタイミングです🛌

ここでアミノ酸血中濃度が低いと、元ある筋肉を分解する可能性も高くなります。

 


○トレーニングをしない日のプロテインの飲み方

トレーニングをしない日でもプロテインは飲んだほうがいいです🥤

トレーニングをした後、筋肉痛が2.3日続いた。そんな経験はありませんか?

筋肉痛が治る為にかかる日数でも感じられるように、筋肉の合成は、トレーニングをした日だけではなく、その後も続いています。

筋肉痛が来なくても筋肉は使われて、多少傷ついていますので、アミノ酸血中濃度を下げないように

食事と食事の間で飲めるといいですね💡

 

 


【青山・神楽坂】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

最新記事